今さら聞けないプライバシーマーク

適正に「個人情報」を保護

ここではプライバシーマークに関する最新お役立ち情報をご案内しています。
まずは当サイト「今さら聞けないプライバシーマーク」のコンテンツメニューをご熟読してみてください。

 

個人情報保護法やJISQ15001の定めた個人情報保護に関しての規格は、企業や団体などの事業者が「個人情報」を適切にとり扱う手段を規定したものであり、プライバシーの保護を直接の目的とはしてません。「プライバシーマーク制度」は、事業者が「個人情報」をとり扱うときに、その仕組みとか手続きとそれの運用体制が制度で求める基準を満たしてるかを評価し、認定する制度です。

 

だが、このような法律や規格が守られることで、意図しない「個人情報」の取り扱いが抑制され、結果的にはプライバシーも保護されるようになっていくのです。「プライバシーマーク」の呼び名は、プライバシーの侵害のない安心・安全な社会の実現への願いを込めてつけられました。

 

「個人情報」と「プライバシー」の関係に関連をする見解は、日本の国内においてもさまざまな議論がなされていて、統一的見解がいつもそうとは示されてはおりません。

 

あえて、違いを分かりやすく例えるんだったら、配達者が配達先を特定をするために、個人を特定できる情報として、封筒の宛名が必要となって、送られてきた封筒を受け取った本人は、封筒の中身に記載されてる内容は他人に知られたくない個人的事柄なので、その内容は本人の「プライバシー」ということができます。この制度を通じて、適正に「個人情報」を保護する環境が実現をされることを目指してます。

 

ISO27001についてこの記事を読んでいるということは、調べているのかと思います。
いくつも参考にするべきサイトはありますので、プライバシーマークの基本的な知識をまずは学ぶようにしてください。

 

大袈裟なことではありませんが、今の世の中ISO27001については簡単に調べることが出来ます。
もし気になっているのでしたらプライバシーマークの専門サイトなどをご参考にしてみてください。

 

知っているようで知らないISMSは、まずは基礎知識を知ることが大切です。
何も知識の無いままプライバシーマークを調べても意味がありませんので、プライバシーマークをまずはネット検索してみましょう。